豊中市で医師からも推薦される当院は、独自の整体法だからこそしっかり改善します。

千里泉丘カイロプラクテックセンター


自律神経

不眠症、冷え性や便秘で自律神経系が気になる方、自律神経の乱れの原因自律神経
以前から体の調子が何となくおかしいと感じている、不眠症、頭痛であったり、冷え性、便秘もずっと続いているや、四十肩、五十肩の痛みがなかなか改善されない方

自律神経は体をシーソーの様に、一定に保とうと無意識に調節する身体の流れです。バランスを崩しだすと、色々なところで不調が表れてきます。自律神経の大元は脳の視床下部で、脳・背骨・脊髄から交感神経と副交感神経が出入りし、目・気管支平筋・肺・直腸などの各器官のバランス調整を行っています。

体温調節、多くの器官をコントロールしている自律神経乱れの原因は?

  1. 環境的   暑さ寒さの気温、温度変化
  2. 身体的   体のゆがみ、痛み、ホルモン、生理痛
  3. 社会的   長時間労働、夜型の生活
  4. 精神的   人間関係、ストレス
自律神経のヘルスケア対策
1、夜型生活から朝型生活に変える。
2、バランスの良い食生活。
3、気分転換を行う。

身体的な要因で神経の通り道頭から背骨である為、体がゆがんだままだと良い影響はありません。カウンセリングを行い、検査によってあなたの動きの悪いゆがみを見つけ出し、痛み自律神経系の調節をサポートいたします。自律神経の調整は整体カイロコースのページへ
  • 自立神経系に入っている余計な刺激を減らす自律神経の調節
  • 骨盤の仙骨はホルモンバランスに重要
  • 背骨と背骨の間から各器官に神経の出入り
  • 筋肉をゆるめ、血行改善
  • 定期的来院で気分転換を促進
自律神経の流れの悪さで来院されているケース
40代男性 以前から神経内科、投薬を受けていた方。
5年ぐらい前からクリニックで診察を受け自律神経失調症と診断。薬を飲まれているようです。又、最近手足のしびれもでてきたようです。正面、真横からの姿勢のゆがみが強い。左右の肩の高さの違いが大きく、首の緊張感大。ひどいときは耳鳴りあったようだが、6回目にはジージーという音が気にならなくなったとのことです。
自律神経の大元は脳の視床下部であり、首の緊張と背骨のゆがみ(脊髄神経)の矯正を継続することで症状はおさまってきました。


40代女性 昔から眠剤を飲んでいるが、寝つけなかったり、熟睡ができない方。
姿勢検査、可動域検査で、首こり肩こりが原因で、筋肉の緊張がかなりありました。首肩の緊張から【いかり肩】になって、首の関節は【ストレートネック】になっていました。これでは、自律神経が交感神経優位なってリラックスできない状態です。首の骨の自然なカーブをつけていくことで徐々に眠りやすくなっていきました。

50代女性 万年冷え性で不眠、膝痛が過去にあった方。
今年から手足の冷えがひどく、不眠も続いているようです。おなかの調子もよくなく、疲れもなかなとれにくいとのことです。足の冷えについては、足首の動きが悪く筋肉が固くなっておられました。これはふくらはぎの筋肉がうまく使えていないので血流が悪くなっている状態でした。ただ、歩行時に足をうまく動かすことができていなかったので股関節の調整をおこないました。調子や不眠もあり、背骨の矯正(中枢神経と末梢神経の出入り口)で胃系と大腸系のアジャストで冷え性もかなりなくなってきたとのことです。不眠がまだありましたので継続して月2回リセットにこられています。


便秘と自律神経との関係

人はトイレに座って実際、便を出すときには3つの働きが重要です。

直腸の収縮の力 →自立神経で調整されています。脊髄神経の影響を受けてます。

いきむ力    →ご自身でコントロールが可能です(腹筋や呼吸筋)。

姿勢、骨盤底を支える筋肉
(骨盤底筋) →腹圧がかかった時に支えになり直腸に圧がかかります。

排便には食事、姿勢、消化器官の機能、いきみ方等の多くの要素が関わっています。

慢性的な便秘の方は、
整体カイロで③骨盤の傾きを正しい位置に矯正し、背骨の一部の腰椎の矯正
①自立神経の調整を行うことが便秘解消の近道です。

女性でかなり昔から便秘だった方も、継続することで便秘解消され効果を実感されています。

 

千里泉丘カイロプラクテックセンターのご案内

住      所:
〒561-0861 大阪府豊中市東泉丘2-6-15 ヴァストネス東泉丘107(コープミニ泉丘店さん向かい)

アクセス:
大阪市営御堂筋線(北大阪急行電鉄)桃山台駅から徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
06-6856-0890
受付時間:
AM9:00~14:00 
PM15:00~21:00(最終受付20:00) 
定休日:
水曜日 土・日・祝日開院

メールでのお問い合わせ




ページ上部へ