豊中市で医師からも推薦される当院は、独自の整体法だからこそしっかり改善します。

千里泉丘カイロプラクテックセンター


膝やふくらはぎ

膝の痛みやふくらはぎ

膝の痛み膝の内側や外側が、立った時にツラかったり、階段を降りる時に痛かったり、膝の裏や脚のつけねが痛かったり曲げ伸ばしに、違和感を感じたり、ふくらはぎも気になっている方膝の関節は大きくは2つの脚の骨がつながって成り立っています。

1、股関節からのびている太ももの骨「大腿骨」
2、ひざ下から足首まで伸びている「脛骨」+お皿である「膝蓋骨」

膝やふくらはぎの痛みの要因は?
1、膝の内側、外側のどちらか隙間が狭くなる
2、大腿骨と脛骨のねじれ3、周りの支えている筋肉の偏った疲労

痛みがなくても、長い間そのままにしておくと膝に水が溜まったり痛みが頻繁に現れてきます。

O脚X脚膝周りに痛みがでますが、一番の原因は大腿骨と脛骨のねじれです。両足のつま先をまっすぐにした時に膝と膝がつかないO脚になってたり、足先の内くるぶしがつかないX脚になっています。それに伴いふくらはぎの裏・内外の筋肉が常に負担がかかっています。

膝・ふくらはぎのセルフケア 対策膝やふくらはぎのセルフケア
①椅子に座り、痛みのある膝を伸ばす運動を繰り返し行う。
②あぐら、横座り、アヒル座り、ぺたんこ座りはしない。
③ふくらはぎは、手のひらで踵側からひざ裏にかけて血行をあげましょう。


昔からO脚やX脚であっても、支えている筋肉が耐えれる範囲内では痛みはでませんが、長年の疲労蓄積により限界を超えてくると痛みが出はじめます。ほっておくと水も溜まるようになります。

水を抜くのは対処療法であり、繰り返さなければなりません。ただこの様な状態になる前に根本である「脚のねじれ」を改善されるには整体カイロコースがをおすすめいたします。
 

  • 脚の大腿骨と脛骨のねじれの矯正
  • 膝の内側、外側の矯正
  • 膝の前・後のバランス調整
  • 周辺の筋肉をゆるめる施術
  • 周辺の筋肉強化

全然変わらなかったので,整体カイロにきました。

福井 様 女性 膝痛、姿勢 会社員(立仕事) 20歳代 豊中市

初め、病院に膝が痛くて行ってレントゲンやMRIもやって薬を もらってましたが、全然かわらなかったので
カイロにきました。一回か二回めくらいに痛みがなくなってそれから、背骨もまっすぐにしてもらってとっても楽になりました。
これからも来院させていただきます。ありがとうございます。

効果は実感として感じています。

ペンネーム トリチャン 様 男性 膝痛、肩痛 無職 60歳代 豊中市

膝と痛めて歩くたびに膝裏に痛みが走り階段の登り下りがきつかったですが、整体カイロコースを受けて楽になりました。完全な状態までは回復してませんが、階段の登り下りも無理なくできるようになり、効果は実感として感じています。今は右肩の痛みも追加して受けていて定期的に続けるすもりです。

膝とふくらはぎの痛みの改善に知っておくべき9つのこと
1、変形性膝関節症
磁気共鳴画像、X線。薬をもらっていたが全然痛みはとれなかった。 数年前より片側の腰~太もも外側のしびれ、足裏のしびれがでていた。 最近立っている時、歩くと左膝に痛みがでる。

カラダを調べてみると【骨盤】⇒【股関節】⇒【膝関節のねじれ】⇒【膝周辺の筋肉の緊張】があることがわかりました。矯正2回目で膝の痛みはほとんど消失しました。ただ、しびれは続いていたので継続的に矯正と調整をおこない6回目で症状はおさまりました。続ける事により背骨のバランスがよくなり、今年の健康診断では身長が2cm伸びたと喜ばれておられました。(実際には本来の身長になられたのだと思われます)


2、膝内側
膝の内側に痛みがある。以前にも内側に水がたまりぬいた。股関節と膝の歪みを小さい力で数回矯正した。また、内側の痛みは骨盤の前から太ももを通り膝の内側をつないでる「内側広筋」のトリガーポイントのケアが大事です。

hiza_uchigawa.jpg

3、膝外側
膝の屈伸をすると、膝外側に痛みが走る。骨盤のゆがみと股関節~ひざの変位を矯正した。
hiza_sotogawa.png

股関節〜膝を外側へ引っ張ってしまう筋肉である「大腿筋膜張筋」のトリガーポイントは大事です。

4、膝裏
1ヶ月前からジョギングを始めた方で、3日前から左膝裏に痛み。膝を伸ばすと膝裏に痛み。両膝を床につくと、左膝だけ、ものが挟まった感じがする。1ヶ月後にフルマラソンに出たいとの要望。

姿勢分析を行うと、左膝が反り返り気味(反張膝)はだしで歩いてもらうと、つま先が浮き指である。外出はほとんど、ハイヒール。骨盤+太もも裏のハムストリングのアジャストとふくらはぎの矯正を行い、2回目にはほとんど痛みはなくなった。

5、膝外向き捻じれ
捻挫くせや、ここ数年でO脚がひどくなってきたと感じておられたようです。姿勢検査で現在は両膝の間に指が、3本半入る状態でありました。家では床の生活多く、ぺちゃんこ座り、お姉さん座りが多いようです。カラダを調べてみると【骨盤のゆがみ】⇒【股関節周辺の緊張】⇒【膝関節のねじれ】があることがわかりました。

ダイエット骨盤カイロコースを受けていただき、骨盤のゆがみ、股関節の緊張、膝関節のねじれを問題を矯正・調整し、重要な股関節のバランス・筋肉強化(太ももの内側、外側)をすることで6回目には、両膝の間が1本半に改善されてきました。まだ改善が可能である方なので継続して通われています。O脚はゆがみにおけるの個人差ががあるため、一概には言えませんが初回姿勢検査でどれくらいまで改善するかどうかの目安はお伝えしています。


6、膝内向き捻じれ
過去に膝裏痛あり。ここ数年でX脚がひどくなってきたと感じておられたようです。姿勢検査では踵と踵の間に指が4本入る状態でありました。家では床の生活多く、ぺちゃんこ座り、お姉さん座りが多いようです。股関節の内側ねじれから⇒膝が外側にねじれてました。

ダイエット骨盤カイロコースを受けていただき、骨盤のゆがみ、股関節の緊張、膝関節のねじれを問題を矯正・調整し、重要な股関節のバランス・筋肉強化(太ももの内側、外側)をすることで11回目には、両膝の間が1本半に改善されてきました。まだ改善が可能である方なので継続して通われています。

7、膝と太もも外側との関係
整形MRIで検査、注射と薬をもらっていたが全然痛みはとれなかった方。1か月前から立つと片側の膝裏の痛みで力がぬけるようです。膝のお皿の周りに熱を感じました。カラダを調べてみると【骨盤のゆがみ】⇒【股関節】⇒【膝関節のねじれ】⇒【膝周辺の筋肉アンバランス】があることがわかりました。太もも裏側の外側の大腿二頭筋(ハムストリングスの外側)にトリガーポイントを痛めておられました。

これかの問題を矯正、調整することにより1回目で膝の痛みは消失しました。ただ、熱感はまだ少しあったので継続的に矯正と調整をおこない熱感もおさまりました。

8、ふくらはぎが夜中によくツル方
座り仕事でデスクワークでのPC作業
ふくらはぎの筋肉の緊張があり、左右差もありました。疲労が溜まった筋肉は血行が悪く、硬く絞った雑巾のような状態であり、血行がわるく深い筋肉の栄養不足、酸素不足であり筋肉がけがをしているよな状態でした。

根本的に体質改善するには少し時間がかかります。日々溜まっていく疲労は無理なく徐々に身体のバランスを整えることで改善していきましょう。


9、膝とふくらはぎの筋肉痛には2つ原因が!
1、「乳酸」が溜まったことによって起こる筋肉痛、酸素が筋肉に運ばれば、乳酸を二酸化炭素と水に分解し、数日で痛みが消え。2、「筋繊維」が傷ついて起こる痛み。
A,筋肉は縮みっぱなしに、ほっておくいて筋繊維が限界を超えて痛み。
B,逆に強く伸ばし過ぎたりする場合の痛
C,運動し過ぎた場合
いずれも筋肉を分解すると、繊維の束が傷つき「炎症」をおこすことで痛みます。
この場合、壊れた筋繊維を修復する作業がでてきます。

若い時は翌日に出て、年をとると遅くなるのは新陳代謝が衰え、筋肉の修復から再生への時間が遅くなっている証拠です。からだのバランスが悪くなり、適度な運動をしないと1の様に偏った筋肉に乳酸が溜まり続けます。その状態をほっておくと、2のように筋繊維が傷ついて痛みがとれるのに時間がかかります。

例えば筋肉を「水拭きのしぼった雑巾」に例えると、top_sonota1.png雑巾は水分がなくなり硬くなり筋肉の場合、「血のめぐり」が悪くなって硬くなっているので、酸素が運ばれませんので乳酸も溜り続け,やがて筋繊維も傷ついて痛みがくりかえします。

これは筋肉痛の話にとどまらず、体のゆがみをそのままにしておくと、筋肉痛を抱えたままの生活をし続けている状態なので痛み、こりが繰り返し起こりますので注意が必要です。      

 

千里泉丘カイロプラクテックセンターのご案内

住      所:
〒561-0861 大阪府豊中市東泉丘2-6-15 ヴァストネス東泉丘107(コープミニ泉丘店さん向かい)

アクセス:
大阪市営御堂筋線(北大阪急行電鉄)桃山台駅から徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
06-6856-0890
受付時間:
AM9:00~14:00 
PM15:00~21:00(最終受付20:00) 
定休日:
水曜日 土・日・祝日開院

メールでのお問い合わせ




ページ上部へ