豊中市で医師からも推薦される当院は、独自の整体法だからこそしっかり改善します。

千里泉丘カイロプラクテックセンター


頭痛と首の痛み

頭痛・首の痛み頭痛や首の痛み
頭痛が頻繁におこったり、首が痛かったり、首が常にこったりしている方。パソコンやスマートフォンを良く使う方。家事などで前かがみの姿勢が多い方や、猫背になっている方。

以前の原因の多くは、OA機器症候群。頭が横から見たときににでて顎も上がる姿勢に固定化されている方。首の痛みの原因 これを【フォワードヘッド】といいます。頭の重さは体重の1割ほどといわれています。体重50kgの方で、頭だけで約5kgです。

例えば5㎏のボーリングのボールを胸元で持つのと、手と腕を伸ばして持つのではどちらがしんどいでしょうか?やはり、体から離れるほど長時間持つことがしんどいですね。

頭痛・首の痛みも同じような状態での姿勢が長期間続くと、【フォワードヘッド】になってる方がほとんどです。このような状態であれば、いくら揉んで叩いても「奥深い筋肉」には届きませんので、マッサージ的な方法ではなおりません。

現在の原因の多くはスマートフォン症候群といわれる方々、手元を頻繁に見るため首がストレートネックになり、頸椎は7個あるうちの後頭骨に近い頸椎2番と肩に近い5番が顔が下向きが続くために2番が上方に引っ張られ、5番が下方に引っ張られ続けロックがかかったような状態になり続け、首の痛みこりやひどくなると、頭痛がおこります。このような場合は頸椎の調整が大事になってきます。

頭・首のセルフケア 対策
頭部の前・後・右・左の順に手を頭に当て、当てた手の方向に頭の力を加え、手は頭の力に対して抵抗しキープしましょう(1ヶ所7秒位)

頭痛、首の痛みにはいくつかの要因があります。

  1. 頭の支えてる首の両サイドの筋肉の緊張  →頸椎のゆがみ、胸椎のゆがみ
  2. 頭、肩甲骨を支えている背中の筋肉の左右差→肩甲骨の左右差、肋骨のゆがみ
  3. 腕の左右筋肉の差が大きい        →巻肩、手・腕が内側に入る
  4. 骨盤のゆがみ(仙骨)          →背骨のゆがみ
  5. 首の筋肉の過剰なストレスによる血行不良 →後頭骨のゆがみ、顎関節のゆがみ

このような要因をほっといて、やみくもに揉んでも改善されません。

検査をして、首は頭を前に倒した時に痛みがでるのか?後ろに倒したときに痛いのか?頭痛は頭の前後どちらが痛いのか?片側だけなのか?コメカミなのか?それぞれの痛みによって、適切な施術が変わってきます。

頭痛・首の痛みの施術
問題・原因はさまざまですので、上記が全てではありませんが、当院では頭痛や首の痛みは整体カイロコースとなります。

  • 硬い、筋肉へのアプローチ    →揉むのではなく、筋肉をゆるめ、血行促進
  • 動きが悪い、関節へのアプローチ →ソフトに適切に関節を正しい位置へ動かす
  • 黒幕的な弱い筋肉へのアプローチ →これを見つけ出します。弱い側を強化。

体全体が暖まり軽くなり頭痛も無くなります。

M.M 様 女性 頭痛、目の疲れ 琴・三弦 教師 60歳代 豊中市

同じ姿勢で毎日座しての生活なので眼の疲れ、首から肩にかけての痛みで、腰、ひざ迄痛くなるときがよくありますが、定期的なメンテナンスと痛みの部分をほぐしてくれるので、体全体が暖まり軽くなり偏頭痛もなくなります。多忙な日々でもお蔭様で毎日、お稽古続けております。有難うございいます。

ネックレスがあまりズレなくなりました。

A 様 女性 首、肩、歪み 会社員(デスクワーク) 40歳代 豊中市

首や肩がすごく楽になりました。あと、今まで歩くときにどうしてもユサユサゆれる歩き方しかできなかったのですが、まっすぐ歩きやすくなりつつあります。体の歪みからかネックレスがすぐに横にズレていたのですがあまりズレなくなりました。ありがとうございます。

頭痛や首の痛みがおこる11の事例

首の末梢神経をゆるめることが有効です。神経のストレッチ的な施術になります。

第一頚神経から第四頚神経の
keishinnkeisou.png前枝
・舌下神経

・迷走神経→内臓の不調→お腹をこわしやすい
→仕事に行こうと思うと腹痛、急な発汗
・副神経
・頸部交感神経に繋がる→ 自律神経失調症、うつ病、夏バテ
小脳に運動中枢の循環に関係する

深枝
胸鎖乳突筋、僧帽筋、広頸筋

菱形筋、斜角筋、椎前金、舌骨下筋
の筋肉を支配する神経

後枝
第一頚神経は唯一運動神経系です。
→平衡感覚、めまい、たちくらみ、捻挫ぐせ
→後頭下三角で触診する。

第二頚神経はの後枝は前肢より2~3倍太い。
→このおかげで顔面の全ての神経をまかなえる。
頭頂で三叉神経、眼神経につながる枝もある
→片頭痛(脈うつような頭痛)、めまい、皮膚障害、ムチウチの後遺症

36歳女性で頭痛や目の疲れや眼精疲労
頭痛が頻繁におこる方目の疲れ、眼精疲労で首から頭も重いとのことでした。肩が巻肩→顔が顎が前にでる状態ででした。手首、肘、二の腕と体の外から矯正することで、頭を支えている首の硬直がなくなりました。施術後は顔の血行もよくなり頬も紅潮し、眼が澄んできたとのことでした。頭痛があったようでですが、頭痛の頻度も少なくなったとのことです。


顎に問題がある場合の頭痛
・睡眠中の歯ぎしり
・噛む筋肉である咬筋の緊張
・同じ側の側頭筋の緊張
・下あごのゆがみ

により口を開けた時に、下あごがどちらかに流れる。開口時に関節音が鳴る。検査では瞳の黒目が左右で小さく見える側が頬骨がふくらんでいたり、口の中を咬みやすかったり虫歯になりやすかったりします。額関節は目の疲れや目の奥の痛み、生理痛を併せてひきおこします。
小さい力で、下顎の矯正を行い、緊張している筋肉をゆるめていきます。

口が開きにくい40代女性
口腔外科で診察受け顎関節症との診断のあった方。あごが開きにくい。クリック音と首の後ろからコメカミにかけて週1回頭痛がおこる。PC作業が多し。口腔外科でマウスピースを作ってもらったが変わりは無かったようです。又、両肩のだるさもでている。初回、後頭骨、側頭骨の調整を行い、3回目に顎関節の調整。6回目に背骨の圧迫の矯正、頭蓋骨~頸椎~背骨のねじれの問題を調整した。併せて、あごの左右筋肉のバランス調整を続ける事で、あごの痛みも8回目にはおさまってきました。

顔が左右の違いが気になる40代女性
鏡を見ると顔が左右非対称で違うことを気にされているようです。パソコン作業が多く数字を常に見るようです。又、首こりも常にある。頭蓋骨、側頭骨の矯正。背骨の圧迫の矯正、頭蓋骨バランス~頸椎の問題を調整した。併せて、あごの左右のバランス調整と表情筋を鍛えることを続ける事で12回目には左右のバランスが整ってきました。首こりもほとんど気にならなくなったと喜ばれています。

頭痛の40代男性
寝る時うつ伏せが多く首の後ろから頭にかけて週1回頭痛がおこる。デスクワークでのパソコン作業が多く細かい文字を常に見るようです。脳神経科にて受診を受けたが異常ないと言われたそうです又、目の疲れや肩甲骨周りの痛みもでている。首の緊張緩和。背骨の圧迫の矯正、頭蓋骨~頸椎~背骨のねじれの問題を調整した。併せて、骨盤傾き矯正、深い筋肉をゆるませた。ひどいときは耳が聞こえにくかったようだが、頭痛の頻度も6回目には月1回になったとのことです。


首のストレートネックの50代女性
先週から左目の周りが重い。以前から首の後ろも重く、頭の問題か心配。腰もだるく、整骨院に週2~3回通っているがよくならない。後頭部から額周辺の痛みは、首がピーンと突っ張った状態が長く続くと、首の骨がストレートネックになっているケースが多くみられます。

後頭骨と耳の後ろを通っている大後頭神経の神経の流れが悪くなっていいる場合が多く、首を揉んだだけではなかなか改善されません。首の骨を小さい力で矯正することで、首の後ろの重さが少なくなり左目の周りも少しずつ軽くなってこられました。

30代女性の首痛
ダンスレッスン後、首の痛み、背中、腰が痛くなる。足のむくみもある。左手にマイクを持ち、右手は手をふっている動作が多いとのことです。体をかなり動かしている方のケースです。骨盤の傾きが強く、背中側の緊張も強い。股関節、足首の悪いクセもあり脊髄神経の緩和、矯正、骨盤傾きをとり土台からもアプローチしました。

20代女性で首の寝違い
過去にむち打ちがあられた方です。1週間前の朝起きた時に痛みがでた。昨日、マッサージに行ったが痛みの変化は無し。左首から肩甲骨にかけてダルさと鈍痛が常にあり、頭痛、腰痛もあるようです。首すじにかけての緊張はもちろんもありましたが、首の緊張があることがわかりました。矯正し正しく機能させることで1回で症状はおさまってきました。ただ根本から改善するには、ツラい所を揉んでいるだけではダメで、今回のように背骨のねじれきをメンテナンスを続けておられます。

50代女性で過去に首のむち打ち
背骨、骨盤の調整を続けることで、首の痛み、腰を反る不安感も解消してとの事です。
5年前に正面からあごをうち、脳神経外科でむち打ち症と診断されたようです。その後、首~背中、肩、腰までツラく現在は腕も上がりにくい。姿勢検査でかなり猫背であり、肩、首に問題があることがわかりました。

又、目の疲れや肩甲骨周りの痛みもでている。頭、首の椎間関節の矯正(骨と骨のすきまをつくる)ひどいときは腕が上がりにくく、しびれもあったが5回目にはなくなってきました。むち打ちも軽度であれば、周りの筋肉をゆるめ、背骨を矯正することで関連痛はおさまってきました。


30代女性で耳鳴りがきになる方
5年ぐらい前から耳鳴りがはじまり、その後度々めまいやふらつきが起こるようになった。耳鼻科にて診察を受けたが難聴は無く、耳鳴りとめまいとふらつきであったため、めまいどめを処方され耳鳴りは加齢によるものであると言われたそうです。又、右足のつけ根から膝にかけての違和感もでている。頭蓋骨から首にかけてのねじれを調整しました。強いときは左耳が聞こえなかったようでしたが、6回目には聞こえるようになったとのことです。

千里泉丘カイロプラクテックセンターのご案内

住      所:
〒561-0861 大阪府豊中市東泉丘2-6-15 ヴァストネス東泉丘107(コープミニ泉丘店さん向かい)

アクセス:
大阪市営御堂筋線(北大阪急行電鉄)桃山台駅から徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
06-6856-0890
受付時間:
AM9:00~14:00 
PM15:00~21:00(最終受付20:00) 
定休日:
水曜日 土・日・祝日開院

メールでのお問い合わせ




ページ上部へ