豊中市で医師からも推薦される当院は、独自の整体法だからこそしっかり改善します。

千里泉丘カイロプラクテックセンター


筋肉と骨 密接な関係

top_karei1.png人が体を動かすには、
1、頭の脳から筋肉に命令が伝わる
2、筋肉が縮みます
3、関節が動く
4、手足が動く

例えば腕の力こぶは
脳の「曲げろ」の命令で
1、骨に隣りあった内側の筋肉が縮む
2、骨と骨がつなぎ目である関節が動き、肘が曲がる
3.筋肉が膨らみ、力こぶがでる


脳の「伸ばせ」の命令で
4、骨に隣りあった外側の筋肉が縮む
5、骨と骨をつなぎ目である関節が動き、肘が伸びる
6、筋肉がしぼみ、こぶが平たくなる

人の体には206個の骨がつなぎ合わさって個々の関節があり、筋肉が脳の命令で動いています。定期的な運動をしてないと、同じ姿勢での作業の毎日では、動かす筋肉や関節が限られてきます。パソコンやスマホなどは、指先、手首は反復しすぎるくらい動かす為に腱鞘炎などがおこります。

動きの少ない筋肉は長い年月をかけて動きが鈍くなり、硬くなり続け血行が悪くなります。筋肉が動かないので当然、関節や骨も動けなくなったり、止まったりしてしまいます。

筋肉の役割

  1. 関節を動かすtop-shibo5.jpg
  2. 体温調節
  3. 脂肪の燃焼の場所
  4. 筋肉の刺激で骨密度アップ
  5. 血液などの体液を循環させるポンプ
骨の役割
  1. 体を支える骨格、体の姿勢を保つtop_kare2.png
  2. 背骨は柱、骨盤は台座、手足は幹、指は枝葉
  3. 脳や内臓の大切な臓器を守る
  4. 骨髄で血液の細胞をつくっている
  5. 骨はカルシュウムとコラーゲンの貯蔵庫
ただ、大きな骨を支えている筋肉は、体の深い筋肉で直接的にはさわれません。表面的な皮膚に近い筋肉をいくら揉んでも、体を支えている深い筋肉はやわらかくなりません。大きい骨は背骨や骨盤、太ももの骨の大腿骨などです。深い固くなった筋肉をゆるめ、血行をよくするには大きな骨の、背骨骨盤などを動かすことが近道です。

千里泉丘カイロプラクテックセンターのご案内

住      所:
〒561-0861 大阪府豊中市東泉丘2-6-15 ヴァストネス東泉丘107(コープミニ泉丘店さん向かい)

アクセス:
大阪市営御堂筋線(北大阪急行電鉄)桃山台駅から徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
06-6856-0890
受付時間:
AM9:00~14:00 
PM15:00~21:00(最終受付20:00) 
定休日:
水曜日 土・日・祝日開院

メールでのお問い合わせ




ページ上部へ